北海道の山でドローンを飛ばす方法

スポンサーリンク
About Mountain

 

登山時に壮大な景色を空撮してみたいなぁ。

そんな人に向けて今回はドローン仕様の話です。

昨今、さまざまなドローンが販売され、YOUTUBEなどでも空撮動画が増えてきました。

でも、許可とか厳しいんでしょ?

無許可での飛行などで逮捕者が出るなど、規制も強化されつつあることも事実です。

ということで今回は登山時にドローンを飛ばすために何が必要か書いていきたいと思います。

※今回記載する内容はあくまで昼間の飛行かつ目視外飛行をしない条件で記載したものです。夜間飛行 もしくは 目視外飛行を行う場合は下記記載の『国土交通省への申請』が必要になります。

スポンサーリンク

登山時にドローン飛行をさせる場合の基本的な流れ

 フローチャートに沿って説明してきます。

高度はあくまで地表からの高度として考えてください。

登る山を下調べする。

まずは登る山をしっかり下調べしましょう!

投稿サイトの参考に山の状況を確認しましょう。

下調べの方法についてはこちらを参考に 「」

また、地形図を確認します。

地形図を確認しながらざっくりと飛行経路を検討します。

この時に大事になってくるのが地表から150m以上の高度になるか

という点です。

もし、飛行経路上、高度150m以上の飛行が考えられる場合は国土交通省への申請が必要です。

200g以下のトイドローンでも必要です。

国土交通省への申請

国土交通省のHP 「DIPS」から申請しましょう。

DIPSはこちらから

電子申請かつ年間を通しての申請が可能です。

ただ、いろいろと申請内容の記載が大変です。

申請の入力方法等についてはまた別途記載します。

管轄する森林管理署へ届出しましょう

えっ?届出必要なの?

ここが、結構見落としポイントです。

高度150m以下の飛行であっても山は誰かの所有地です。

持ち込んで飛ばす場合は所有するところへの申請が必要になります。

登山の場合、北海道の森林の大半が国有林のため、

森林管理局への届出が必要となります。

これはトイドローンでも同じです。

200g未満のMavic Miniでも必要になるので必ず行いましょう

森林管理署への手続きって?

森林管理局HPに

『国有林野内で無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を飛行させる場合の手続』

がありますので確認しましょう。

リンクはここから 『森林管理局HP

届出方法ついては以下の流れとなります。

  1. 管轄森林管理署を調べる。
  2. 入林届を作成する。
  3. 郵送で提出
  4. 森林管理署より受理通知が届く
  5. 現地で飛行

届出方法

まず、北海道森林管理署のHPから管轄を調べます。

管内図リンクを張っておきますのここで調べます。

「北海道管内図」

これが非常にわかりづらいのですが、わからなければ直接管轄の森林管理署へ電話してみましょう。

管轄がわかったら、森林管理局HPに載っている入林届を作成します。

入林届リンク

作成したら、郵送で送ります。

留意が必要なのは7日前までに提出が必要

という点です。

私も天気予報等を考慮してギリギリに行く山を決めることが多いのですが、

行く可能性のあるところには片っ端から届出するしかないです。

ただし、管轄によっては、

届出書の郵送を前提にとりえあずFAX送ってくれれば

ギリギリでもいいと言ってくれるところもあるので期日が近い場合は電話をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか

登山時のドローン飛行については

どんな場合でも基本的には届出が必要となります。

面倒くさいですが、届出さえ出せばある程度の条件下で飛ばすことはできます。

国土交通省への申請は相当面倒くさいです。

飛行方法に注意すれば届出のみで済みますので

皆さん是非山にドローンを持ち込んでみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました