快晴の神居尻山

スポンサーリンク
TREKKING REPORT

前回、山頂を拝めなかったので、

神居尻山へのリベンジしてきました。

 

スポンサーリンク

ダイジェスト動画

【北海道登山】快晴の神居尻山(残雪期)

神居尻山とは

こちらを参考に

登山開始

2週間前まで道道から「道民の森」への入り口が雪で閉ざされていたのですが、

すっかり除雪済みだったので、

「せせらぎ棟」横の駐車スペースに車を停めて登山を開始します。

残雪はありますが、スノーシューを履くほどでもないので

行けるところまでツボ足で登ります。

Bコース駐車場はまだ雪で埋まっています。

駐車場付近から取り付いて登っていきます。

数日前のトレースが残っていましたので使わせてもらいます。

天気よく風も少ないのでソフトシェルでもじんわりと汗をかくくらいです。

Bコース付近の谷を詰めて登っていきます。

急斜面が見えてきた

少し休憩して取り付きます。

雪もしっかり締まっていたのでトレースを辿りながらツボで登ります。

登りきると前回撤退したポイントに到着。

さらに登ると展望の開けた稜線に出ます。

あとはこの尾根を半時計周りに回りながら登っていけば頂上です。

展望が美しくて足取りも軽くなります。

BCコース分岐に到着

南側の斜面は雪解けが進んでいます。

一度下り、

また登り返して

頂上に到着

ピンネシリとその奥に、十勝・大雪山系がはっきり見えます。

時間的にもだいぶ余裕があるので、

行けるところまでピンネシリへ続く稜線を辿ります。

建て直し中の避難小屋

ここで1泊も良さそうだな

Aコースとの分岐に到着

ここからトレースはありません。

ルーファイしながら進んでいきます。

936ピークを越え、ちょっと進んだところで

急な下りに到着、ここ降りたら登り返しが大変そうなのと

写真には写っていませんが、

軽く雪崩れた後があったのでここで引き返します。

気温が上がってきて雪が緩んできたのでスノーシュー履いて帰ります。

神居尻山山頂で小休止して帰ります。

終始晴天で気持ちいい^^

無事下山

途中、ケツ滑りしてきたシュプールがしっかり残っていましたw

登山記録

移動距離 9.5km

移動時間 3時間40分

コメント

タイトルとURLをコピーしました