神頼みも虚しく… 神居尻山 B~Aコース

スポンサーリンク
TREKKING REPORT

10月も下旬に差し掛かり
山の紅葉シーズンはすっかり終盤
この時期は大雪、十勝は冬山シーズン突入してしまっているので
紅葉を楽しみに近場の山へ

今回登ってきたのは当別町にある神居尻山です。

スポンサーリンク

ダイジェスト動画

【北海道登山】神居尻山 B~Aコース

神居尻山とは

山名はアイヌ語のカムイ・シリに由来しており、月形北部の樺戸山地に位置する。
山頂からは暑寒別岳をはじめとした増毛山地などを望むことができる。

場所はこちらになります。
札幌から近く、札幌市中心部から1時間半程度でアクセスできる。

登山コースについて

登山コースはABCの3つ用意されており、各登山口も比較的近いことから回遊することが可能。

いざ山へ

5時起床で登山口を目指します。
国道275号線から青山ダム方向へひた走り1時間ほどで道民の森に到着します。
駐車場は1番乗りでした。

登山開始

荷物をまとめBコース入口から山頂を目指します。

Bコースは山頂への最短コース
コースが短い代わりに急登が続くコースとなっています。

最初は比較的登りやすいコースが続きます。

しばらく歩いていくと

階段地獄到着
山道の会談は歩幅が撮りにくく歩きづらい

ひたすら登り続けると稜線へ出ます

山頂方面は雲の中…

晴れることを期待して歩いてきます。

我慢しながら稜線を歩いていくとCコースとの合流地点に着きます。

何にも見えねぇ…

ただ、時折うっすら山頂方向が晴れるので好天を期待して進んでいきます。

登山開始から1時間半で山頂到着

相変わらずガスに覆われているので晴れ待ちします。

「神」の名がついている山なので

「ワンチャン祈れば晴れるかも…」と思い神頼み

微かに晴れましたが、これが精いっぱい


30分待っても晴れないのでそのままピストンで帰ろうかとも悩みましたが、運動不足なので少し遠回りして帰ることに

Aコース周りで帰ります。

稜線を歩いていくと改築中の小屋に到着します。

お披露目は来年かな…

谷側は美しい紅葉が望めました。

降り始めたら晴れるのね神居尻山さん…

分岐に到着

以前はここからピンネシリ山への縦走もできたらしいですが、封鎖中らしいです。

ピンネシリ方向も重たい雲が掛かってます。

こればっかりはタイミングだと諦めAコースを堪能して帰ります。

落ち葉が多く、晩秋を楽しみながら高度を下げています。

Aコースの途中からBコース入り口までの経路を発見したのでGPSを頼りに向かいました。

看板もなくわかりづらいので

「まとめ」にGPSトラックを掲載しておきますので参考にしてください。

昼前に登山口へ到着

丁度いい運動になりました。駐車場まで戻ってくると大量の車両

この人たちは晴れた山頂で景色を堪能出来たんだろうなぁ…悔

まとめ

神頼みのかいも虚しく見たい景色はガスの中でした。

しかし、初めて登りましたが、しっかりとした山体で1000mもいかない山とは思えないイイ山でした。

次回は快晴の山頂に立ちたいと思います。

行動時間 2時間48分

移動距離 9.36km

コメント

タイトルとURLをコピーしました