宇宙、ブロッケン。雲が多くても十勝の山は絶景がいっぱい!

スポンサーリンク
TREKKING REPORT

トムラウシ山テント泊から2ヶ月近く山に登れてません。
台風の猛威により林道の崩落により日高方面への夢が断たれ、消沈していましたが、このままシーズンを終えるのも寂しいので十勝連峰縦走に行ってきました。

当初は大雪縦走を予定していたのですが、天候があまり良くなかったため、2年前に初めてテント泊を行った上ホロでのテント泊による縦走に変更。

スポンサーリンク

いざ、山へ

9月15日 9時に自宅を出発し、十勝岳温泉を目指します。

予報通り、あまり天気はよくないせいか、駐車場もさして混んでいませんでした。

登山開始

DAY1 上ホロのテン場を目指して

雲が立ち込める中、登山開始!

歩き始めて間もなく、青空が見えてきました。

これは好天に期待が持てそう!

しかし、山の神様は無情にも雨を降らせてきました・・・。

上ホロ分岐からは分岐からは霧雨の中での登山。

雨で写真も撮る気になりません。

気持ちが折れそうになりながら高度を上げていきます。

かみふらの岳直下まで来たところで雨雲が抜けていきました。

上ホロも見えてきました。

このまま青空になってくれないかな~。

山の天気はそんなに甘くありません。

濃霧立ち込めるかみふらの岳から上ホロを目指します。

看板もう何書いてあるかよくわかりませんね…。

上ホロ頂上も展望なし><

早めに小屋を目指します

小屋には大雪から縦走のお一方のみでした。
テン場は予想通り選び放題。
仲間と共に快適な場所を選定ます。

天気が安定しないこともあり、アーベン展望は諦め、小屋の中で食事会開催
20時過ぎにはそれぞれのテントに別れました。

30分ほどテントの中で初日の行動記録をつづっていると、次第に外が明るくなってきました。

ガスが抜け、月明かりで辺りが明るくなってきているのです。
撮影タイム到来!

すかさずカメラを片手に外へ飛び出します。
月明かりで星はそこまで見えませんが、まるで火星にいるような宇宙を感じる登山道を捉えることが出来ました。

1時間ほど、ちょこちょこ撮影し、就寝。

翌日、十勝岳を目指します><

DAY2 十勝岳でのモルゲンロート堪能を目指して

また、寝坊してしまいました。

仲間に起こされ、急いで準備をして十勝岳に向かいます。

日の出1時間前きってる。

稜線の先には雲の中の十勝岳・・・。

晴れてくれ~><

・・・

AM4:50 日の出前に山頂へ到着。

ガスが多いです。

美瑛岳さんが何とか見える程度。

雲の中から何とかお日様が顔を出してきました。

後ろを見てみると・・・。

ブロッケーン!!!登場!!

山頂で絶景を堪能し、テン場に戻ります。

素敵なご褒美をありがとう!十勝岳!

十勝岳から富良野に続く稜線は今日も雲が多そうです。

十勝岳に時々後ろ髪を惹かれながら

上ホロテン場へ戻ります。

富良野岳へ…が、しかし

テントを手終し、富良野岳方面の偵察へ向かいます・・・

重いなぁ…。

そして…

かみふらの岳 ガスの中…。

三峰山も漏れなく雲の中…

富良野岳分岐

この天気なら行っても展望ゼロでしょう・・・。

残念だけど下山します。

上ホロとの分岐まで下りてくると

じょじょに空が明るくなり

青空が^^

相変わらず稜線上は雲がかかってます。

13:30 無事下山しました。

まとめ

1泊2日でゆっくりと満喫できた山行となりました。
もう紅葉の時期ですね
次回は大雪の紅葉を見に行きたいっす

コメント

タイトルとURLをコピーしました