表大雪山縦走2015 御鉢周りルート

スポンサーリンク
BLOG

紅葉真っ盛りの表大雪縦走に行ってきました。

昨年の表大雪縦走で、紅葉と星空に感動した「旭岳~白雲岳ルート~御鉢周り」を今年も再現しようと思い、夜にせっせと荷物をまとめて出発。

旭岳ロープウェイを目指します。

連休のため、駐車場が混雑していることを想定して、早めに出ました。金欠の私は相変わらず高速を使わず下道で向かいます。


6時にロープウェイの始発が出るので1時間前到着を目標にしてちょうど5時くらいに到着
さっそく、出発準備と共に天気予報確認。

ムム…。

どうやら夜から雨予報です。御鉢周りのみの小屋泊に急遽路線変更。
ロープウェイは連休を楽しもうと登山者で賑わっており、始発は乗れませんでした。

焦ることもないので、ゆっくりと準備運動を行い、

7:00前より姿見駅を出発。

スポンサーリンク

―DAY1-

旭岳山頂を目指します。

やはり連休登山道も混んでいます。人混み嫌いな私にはちょっと苦痛><


しかし、天候もそこそこ安定しており、とっても気持ちの良い登りです^^

トムラウシ山、十勝連峰もはっきり見えてきました。

8合目を過ぎたころから風が出てきました。レイヤリングをその都度、変えて登ります。

金庫岩もはっきり!このままもってくれよー><

2時間程度で山頂到着。

すでに多くの登山者で山頂は賑わっていました。

しかし、ガスの中・・・。

山頂で朝ごはんを食べ、小休止。晴れ待ちします。

北海道遠征に来ていた友人と再会を果たします。

間宮分岐まで同行する事に^ ^

久しぶりの再会に話が弾み、あっという間に分岐に到着。
天候は今のところ、そこそこです。

またの再会を約束し、単独行の再開です。

北海岳を経由し黒岳避難小屋を目指します。

北海岳で休憩していると、鳥が近くに来ました。

あまり鳥は詳しくないけど「ホシガラス」というんですね。

キレイな模様をしている鳥です。

黒岳石室に到着。やはり混んでいます(>_<)

私が来たときはまだスペースありましたが、夜には満杯になっていました><

テン場もこんな感じです。

軽く休憩をして

夕暮れは桂月岳で過ごす事にしました。

雲が多くなってきたので遠くは見渡せませんが

幻想的な景色が広がっていました。

暗くなってきたので石室に戻ります。

今一度天気予報を確認。

翌日の朝まで雨予報。

星空撮影はあきらめて、就寝します。夜中に何度か目が覚めましたが、なかなかの雨音がしていました。

DAY2

日の出後、雨がひいた頃合いを見て外へ出てみると晴れ間が^^

では黒岳山頂を目指します。山頂を取り巻く景色は雲が多く、幻想的でした。

層雲峡川を望むと荒々しい雲海が

桂月岳や北鎮岳を望むと

雲の中でしたが、これまた幻想的!

白雲岳はなんとか顔を出していました。

撮影を堪能したので石室に戻ります。

おっと、晴れてきました^^

このまま晴れてくれと願いつつ、

デポした荷物を回収して御鉢平展望台を目指します。

・・・

・・・

天は味方してくれませんでした。

続いて北鎮岳を目指します。

歩いてきた黒岳方面を見てみると

いい感じ!

しかし、

目の前の北鎮岳は・・・

う~む・・・。

分岐から15分くらいで山頂に到着。

山頂に着くのと同時に

ガスが切れてきました。

どうやらこの山には嫌われていないようです^^

山頂から愛山方面を望みます。

このルートはまだ歩いたことがありません。

いつか愛山渓から上がってみたいなぁ・・・。

これから向かう裾合平方面は雲が立ち込めています。

この辺りはいつも雲に覆われていて

あまり晴天の中歩いたことがありません。

またか、という気持ちで中岳分岐へ向かいます。

中岳山頂まで降りるとキレイナお鉢の景色が見渡せます。

毎年大雪に来ていますが、

中岳から見る御鉢が一番綺麗だと思います。

パシャパシャ数枚撮って、

中岳分岐から裾合平へ下ります。

これまた、毎年の楽しみ^^

中岳温泉での入浴!

今回は登山者が多かったので

足だけ浸かって疲れを落とします。

休憩もそこそこに姿見駅を目指します。

裾合平へ着くと

チングルマが真っ赤に染まっています。

晴れの中なら綺麗な写真が撮れそうなのになぁ・・・。

・・・

・・・

だらだら1時間半くらい歩いて

やっと旭岳まで戻ってきました。

残念ながら旭岳も雲の中。

初日で晴れてくれたから

まっ、いっか^^

もとからそんなに良い天気予報ではなかったですが、

雲がいい感じに幻想的な雰囲気を出してくれた

2日間でした^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました