「RAW」と「JPEG」の違いを理解して撮ろう!

スポンサーリンク
About Photo
スポンサーリンク

「JPEG」と「RAW」って?

一眼レフを手にして撮影を行っている人は「RAW」というファイル形式を見かけたことがありませんか?
「良く分からないから」と、JPEGのまま撮影していませんか?
今回は「RAW」について簡単にレクチャーしていきたいと思います。

通常、WB(ホワイトバランス)やコントラスト調整をしていますよね?
これは、撮影時に環境によって、光源などが違うために、
補正作業(白色のものをちゃんと白として捉える作業)を行わなければ、
見た目より色合いが異なってしまうためです。
JPEGはファインダーを通して映った生の画像に
WBやコントラストの設定状況を加えて出力された画像であり、
その後の編集を重ねるにつれて画像の劣化が伴います。

一方RAW データは、“RAW(「生」または「未加工」)”という意味で、
JPEG撮影のカメラによる色調補正処理をする前の
「生の画像」のデータ形式ファイルです。
従って撮影後の調整次第で写真の雰囲気を柔軟に変化させ、
JPEGファイルとして現像することができます。
※ RAWデータの調整のことを
銀塩カメラのフィルム現像に準えてRAW現像と呼び、
それこそがデジタル写真の醍醐味のひとつといえます。

撮影の際、自分なりに設定調整を図ってみても、
屋外でモニター越しで画像を上手く確認できなかったり、
人が多くて、ゆっくりと撮影する暇がない場合、
RAWでさえ撮影しておけば後でゆっくりと画像を調整することが可能なのです。

RAWは食材、JPEGは完成品

RAWとJPEGの違いはカレーに例えると分かりやすいかと思います。

「JPEG」は盛り付けされたカレー

ちょっと福神漬けを添えたり、
調味料で辛さを調整したりするのが精いっぱい。 いろいろ足していくと味もぼけてしまいますよね…。

「RAW」は料理前の具材

調理前の具材なので、具材の大きさを変えてみたり、スパイスで味の調整をしたりなど「盛られたカレー(jpeg)」と比べて簡単に調理過程でいろいろ調整ができますよね。

調理の仕方ではドライカレーにもできますよね

RAWの特徴

ホワイトバランスを自由自在に調整可能

生データのため、後調整でWB(ホワイトバランス)を変更することが可能です。
「晴天」、「曇天」、「蛍光灯」、「白熱球」と様々な条件下でも色合いは後調整でいじることができるので、気にせずバンバン撮れちゃいます。
空の青みをより、強調するため「raw」側はいじってみてます。
JPEGでも編集ソフトで色合いを変更することはできますが、すでに撮影時に色味が決まっているものを無理に変更していくので限界があるのに加え、無理が生じて画像の劣化を伴ったりしてしまいます。

白飛び黒つぶれの復元が可能

RAWの画像は12~16bit、JPEGの画像は8bitに圧縮して画像を保存しています。
ビットってなんなの?って説明するとまた長くなってしまうので簡単に言うと「色のバリエーション量」を指します。ビット数が多いほど、細かな色の階調を表現することができます。そのため、一見黒潰れしている画像もbit数が高ければディテールを損なうことなく、補正することが可能となります。
JPEG側だと黒潰れしている山様もRAWならここまで復元できます。

データ量が多い

bit数が多いために1枚当たりの情報量が多く、ファイルはJPEGの倍以上のファイルサイズトなってしまいます。撮影の際は大容量のSDを準備しておくことをお薦めします。
また、データ量が多いために撮影時に連射すると画像処理が追いつかなくなってしまうので連射には不向きです。

専用ソフトが必要

RAWは特殊なデータファイルなので、カメラ上では画像を確認できますが、PC上で確認、現像するために専用のソフトが必要となります。
ソフトはカメラに同封されていることが一般的ですが、Adobe LightroomといったRAW現像専門のソフトも出回っています。

まとめ

状況に合わせた使い分けを!

RAWは生データということで情報量が多いために、柔軟性に富んだデータファイルです。
また、補正処理前データのなので、撮影の際もWB等を気にすることなく、絞りとシャッタースピード等の最低限の設定調整で済むことから、撮影時の負担軽減にもつながります。
その一方でデータ量の多さや、処理に時間を要すため、状況に合わせ使い分けをすることをお薦めします。

失敗できない撮影(結婚式など)、風景写真はRAW
スナップ撮影や記録写真~JPEG
こんな感じで使分けで楽しんでみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました